恐い!!爪白癬  足ふきマットは水虫の住み家だって (◎_◎;)

 

 

 

こんにちは(#^.^#)

 

埼玉県の戸田スポーツ接骨院併設・埼玉巻き爪お助け本舗の足爪補正士・小野寺です。

 

 

 

 

今日は「恐い!!爪白癬!!足ふきマットは水虫の住み家だって (◎_◎;)」ってお話し。

 

 

皆さん、爪白癬はご存知ですか?

「爪水虫」のことです。

 

 

巻き爪矯正で通われている方々とお話をすると、「爪水虫」と「足の水虫」は同じだと思っている方が大半です。

 

 

爪白癬になっている方に「疑いがありますので、検査を受けて来てください」とお話をすると、みなさん口を揃えて「え?爪水虫???だってかゆくならないですよ」とおっしゃいます。

 

皮膚の水虫とは違い、爪白癬は痛くもかゆくもないんです。何も感じないのです。

 

上の写真のように、爪白癬になると見た目には白濁していたり、黄色っぽくなったりします。

酷くなると爪がポロポロと崩れていきます。この状態で気付く方が多いようです。

爪がぽろぽろしてからの治療となると、治るまでにかなりの時間を要すると思います。

お早目に皮膚科への受診をお勧めします。

 

 

白癬菌は角質などに潜んでいて、たとえば白癬菌を持った患者が、銭湯などに行き浴室の出入り口などに置いてある足拭きマットを踏んだら、そこにはもう白癬菌がいます。

 

それを踏んだ保菌者以外の方に、白癬菌が付着し感染します。

 

 

自宅でも同じことです。

白癬菌を持った患者が裸足でウロウロしていると、床や畳・バスマットやスリッパなどなど、色んな場所に菌をばら撒きます。

それを踏んだ保菌者以外の家族は感染します。

 

白癬菌はケラチンを餌としますので、髪の毛や身体から落ちた垢などがあれば生きられます。

 

 

保菌者が家族にいる場合は特に注意が必要です。

タオルなどの共有はしない。バスマットやスリッパなども同様。

外履き用のサンダルも。

 

 

 

 

それと、爪切りは一家に一つという家庭が多いですね。

家族で使いまわしは良くないです。ここから感染します。

爪切りは使い終わったら洗浄と消毒をするか、一人一つにしましょう。

 

 

 

 

例えば、私は温泉好きですが、爪の勉強をするようになってから、自宅以外のお風呂は怖くなってしまいました。

 

温泉ではお風呂から上がる時に、バスマットは踏まずに硬く絞った自分のタオルを踏みます。

そして、自分のロッカーに着いたら、まず持参したタオルを床の上にひいておきます。次に取りやすい場所に置いておいた除菌シートで足をまんべんなく拭きます。

キレイに拭いた足は、床には一度もつけずにそのまま靴下を履きます。

そのあとにやっと身体を拭き始めます(;^ω^)

 

友人には「そこまでする?」と言われますが、爪白癬や足白癬になるのが怖いんです(^^;)

もちろん、我が家の爪切りは一人一つです。

 

 

 

 

他にもたくさん注意点はありますが、美爪を保つためには健康な爪でいたいですね(#^.^#)

 

爪のことやタコ。魚の目でお悩みや心配なことがあれば、なんでもご相談下さいませ。

 

 

ではまた(@^^)/~~~