寒い季節に多い足のケガ・スポーツ外傷

yjimage

埼玉/戸田の姿勢・猫背矯正院 戸田とみなが接骨院の冨永です。

今日は、寒くなってきたこの時期に多い足のケガ・スポーツ外傷についてお話しします 。 前回のブログでふくらはぎのストレッチのやり方をご紹介しましたが、みなさんやってみましたか?

http://todatominaga.jmtta.org/blog/825/

ここ1~2ヶ月、少し寒くなり始めてからですが、下腿部(主にふくらはぎ、アキレス腱、足関節伸筋腱など)を痛めて来院される方が多くなってきました。 小学生から高齢者まで男女を問わず幅広い年代の方が痛みに悩まされて来院されます。

いろいろとありますが、その中で特に多いものを紹介します!!

学生では持久走や部活動の冬季練習、マラソンランナーの方は、シーズンに入り走り込む量が増えることにより起こる『シンスプリント』『アキレス腱炎』 これは、痛みが出たりおさまったりを繰り返しやすいので慢性化し、長期的になることがあります。

サッカー、バスケ、バレーボール、短距離走などの瞬発的な動きの多いスポーツにおこる『ふくらはぎの肉離れ』 単に肉離れと言っても、軽傷から重症まであります。特に痛みが引いてきてリハビリから完全復帰のタイミングを気をつけた方が良いでしょう。

肉離れは一般の方にも起こる可能性があります。 実際当院へ来院された患者様の発生状況ですと、

「駅の階段をかけ上がろうとした瞬間」 「道路を横断しようと小走りした瞬間」 「自転車でフラフラして足を着いた瞬間」 「洗濯物を干したり、高いところへ手を伸ばし背伸びをした瞬間」

など、ざっと上げただけで日常生活の中にたくさんあります。

ふくらはぎのケガを起こす原因は、疲労の蓄積、疲労が溜まることによる柔軟性の低下、筋力不足、ウォーミングアップ不足(体が温まっていない)、寒さによる冷えで筋肉が固くなってしまう、などいろいろなことがあります。

ですが、どの原因にしても事前に簡単な対策はできるんです!!

湯船にしっかり浸かり、身体を温めストレッチを行なうことで、筋肉の柔軟性は保てます。

筋力不足や疲労の蓄積には、筋力アップが必須になります!   しかし、追い込んだトレーニングは筋力強化に必要ですが、オーバーワークは確実にケガへのリスクが高まりますので、しっかりとケアをしながら取り組んで下さい。 ストレッチ法はこちらを見て下さい‼

http://todatominaga.jmtta.org/blog/825/

未然に防げるケガは防げるように、普段から気を使っていきましょう!