シンスプリントに要注意!

戸田スポーツ接骨院の冨永です。

今回は【シンスプリントに要注意】ということで、これから長距離やマラソンシーズンも近いこともあり、走り込む量が増えたり、部活動でも冬季練習で走り込みが多くなるということは、よく聞く話ですね!

そんな、走りこむ人たちに多い、シンスプリントについて詳しくお話しします

 

シンスプリントですが、別名 脛骨疲労性骨膜炎と言います。

ヒラメ筋や後脛骨筋など、地面を蹴る筋肉を使い過ぎてしまい、脛骨を覆う骨膜が引っ張られることでなります。がかかり続けてしまうことでなります。 

 

〝原因〟

筋疲労 柔軟性の欠如 筋疲労から来る筋力低下

 

〝外的要因〟

運動する場所の地面が硬い  靴が合わない (サイズが合わない、クッション性がない 消耗が早い) 

 

〝フォーム〟

地面に設置した時に爪先が外を向く (ニーイン・トゥーアウト)

 

〝練習〟

練習を始めたばかりの時期や、練習量が急激に増えたとき(シーズン始め、新入部員、定期テスト明け、合宿明けなど)反復動作の多い練習、ターンな急カーブでのコーナー走など。

 

〝足の形態〟

アーチ(土踏まず)が下がっている、扁平足、回内足など。

 

〝症状〟

脛骨(ぶつけたら超痛いスネの骨)の内側に痛みがでる。スネを上・中・下に3分割して考えると、特に中と下の間くらいが1番痛みを感じやすい。 

腫れる悪化すると骨が凸凹してくる

動作 地面を蹴り出す動作やつま先立ちのような動作で痛みが強くなる

アーチの低下 (アーチが下がる)

 

〝痛みの程度による分類〟

1度  運動終了時に痛む

2度  運動開始時・終了時に痛む

3度  2度に加えて運動中も痛みがあり運動に支障がでる

4度  痛みが強く、運動は不能。日常生活(階段や椅子から立ち上がるなど)にも支障が出ている

 

〝治療法〟

運動時に軽い痛みがあるだけ(1度や2度)であれば、すぐに運動を休止する必要はありませんが、極力安静にしましょう。

ただ安静にしていても、運動を再開すると再発しやすいので、日頃のケアや練習環境の見直しが必要。

セルフケア(ストレッチ、アイシング、マッサージ)を普段より多く取り入れる。

 

注意点

無理を続けると疲労骨折になることもしばしばあります。そこまでなると数ヶ月の運動休止が必要となるので、痛みの変化には気をつけていきましょう!