ふくらはぎの伸ばし方は何種類?

戸田スポーツ接骨院の冨永です。

今回は【ふくらはぎの伸ばし方】について説明していきます。

そもそもストレッチってなんだろう?っていう方もいると思うので、簡単に説明します。

ストレッチって実は色んな種類があります。

ゆっくりジワっと伸ばす静的ストレッチや、ある程度動きをつけた中で行う動的ストレッチ。

これがさらに細かく分かれていきます。

みなさんがイメージするのは、静的なストレッチ。グーンと伸ばすようなストレッチ。

 

動的なストレッチだと、サッカーの方はご存知ですがブラジル体操と呼ばれるような、動きながら行うものです

 

 

今回はゆっくり伸ばすストレッチをお伝えします。

大きく分けて3種類。

少しポイントを絞ってもう1種類。

合計3種類のストレッチです!

 

その前に筋肉がどうついているのか見ていきましょう。

 

 

腓腹筋は、膝より上から(太ももの骨)始まり、アキレス腱と合わさります

   腓腹筋           アキレス腱

       

 

 

ヒラメ筋は膝より下について、カカトにつきます

 

ヒラメ筋      腓腹筋とアキレス腱より奥に位置します

    

 

後脛骨筋はヒラメ筋より、さらに奥についていて、内側のくるぶしの後ろを通り、くるぶしの前側あたりにつきます。

 

それでは、今回紹介する3種類の筋肉のストレッチ方法をお伝えします。

同じ様な場所ですが、伸ばし方はすべて変わります。

身体が硬すぎる人はわかりにくいかもしれませんが、どこが伸びているのか?など細かく確認しながらやってみてください!

腓腹筋

 

ヒラメ筋 横から

https://www.youtube.com/watch?v=kAGUzCa0l5U

 

ヒラメ筋 前から

https://www.youtube.com/watch?v=wGJRJO47p-s

 

後脛骨筋

https://www.youtube.com/watch?v=jTF2gtqjGpI

 

ちゃんとやると細かい違いに気づけると思います!

多いですがやってみてください!!