こんな人はカカトを痛める!

戸田スポーツ接骨院の冨永です。

今回は【こんな人はカカトを痛める】ということで、

まずはカカト周りにはどんな構造か?という話をしていこうと思います!

 

カカトは足首から下の足部では1番大きい骨です。

イメージよりデカいですよね!

カカトは、立っている時も身体を支えてくれたり、歩いたり走ったりした時に衝撃を受け止めてくれたり、人間が立ち上がる以上は必ず負担のかかる場所になります。

 

そして、カカトについている筋肉の紹介です。

 

ふくらはぎの筋肉はカカトの後ろ側につきます

 

 

足裏の筋肉はカカトの裏側(地面につく面)につきます、

 

ふくらはぎの筋肉(アキレス腱)の役割

主な作用として、つま先立ちのようにつま先を伸ばすような時に筋肉に力が入り、反対に踏み込む動作で伸ばされます(ストレッチ

 

足裏の筋肉の役割

足の指を曲げたり、体重がかかった時に足裏のアーチ(土踏まず)が保たれるように支えてくれるような作用があります。

 

前置きは長くなりましたが、筋肉の役割でした。

 

カカト付近の痛みというと、

アキレス腱周りが痛くなるアキレス腱炎や、ふくらはぎの痛みなど、走ることが多いスポーツや、歩くことが多い人がなりやすいです!

足の裏側で言うと、

足底筋膜炎や、成長期になることがあるセーバー病(シーバー病)です ダッシュ、ストップ、ジャンプのように急激な動作が多いスポーツの人はなりやすいです!

 

あとは靴底の硬い靴でたくさん歩く方もなりやすいです。

以上を踏まえると、カカトのアキレス腱側が痛くなる人と、足の裏側が痛くなる方は、同じような動きをしていることがよくわかります。

そして、以前に書いたブログでもお話ししましたが、膝を痛める人(オスグッド  やジャンパー膝など)もカカトを痛めやすいというと事をサラッとお伝えしました。

まだ読んでない方はコチラヘ

👇👇👇👇👇👇

オスグッド になりやすい人の特徴

 

 

改めて写真を見てみましょう。

「腰を落とす」という動作で動く関節は股関節、膝、足首です。 写真で見比べると、各関節の動き方が違うのはわかりますよね?

 

単にこの写真だけでは確定的なことは言えませんが、股関節の動きが悪く、膝と足首だけで腰を落としているので、アキレス腱や膝に負担がかかることは容易に想像できます。

 

なので【こんな人はカカトを痛める】というのは

・姿勢が悪い人

・お尻がうまく使えない人

ということです。

 

様々な要因が加わり、痛みに変わっていくので、他にもありますが、最低限言えることは上記の2つでしょう。

細かく言うなら、姿勢が悪いのでお尻が使えないのですが。。。

 

気になる方は正しい立ち方を見て見てください!

まっすぐ立ってみよう!③動画チェック

 

寒くなると足回りの怪我が増えてくるので気を付けましょう♪