オスグッド ってなーに?

戸田スポーツ接骨院の冨永です。

今回は【オスグッド ってなーに?ということで、オスグッド  について話していきます。

オスグッド  の説明と、当院でも質問が多いことを何回かに分けてお伝えしたいと思います。

 

ちなみに【ジャンパー膝】オスグッド  は痛みの出る部分の違いなどはありますが症状はほぼ同じです。

 

まず、オスグッド  について説明します。

膝のお皿(膝蓋骨)の下にあるスネの骨(脛骨粗面」に痛みが発生するスポーツ外傷です。

ジャンパー膝は骨ではなく靭帯部分になどにでます

 

☝オスグッドの痛みが出る場所

 

☝ジャンパー膝の好発部位

 

サッカーや、バレーボール、バスケ、など、足を使うスポーツであればどなたでもなる可能性はあります。

成長の度合いにもよりますが、年齢的にはおおよそ8~18に多く見られます。

 

ジャンプ、着地、キック、ダッシュ、急激なストップなどの動作で、太ももの前側にある筋肉に大きな力が加わります。

1度や2度の動作ではなく、繰り返していく中で徐々に出てくることが多いです。

 

いきなり痛くなったという方もいますが、普段からストレッチをしていると、痛みが無くても硬くなってきているかなど事前に把握することができます!

 

一般的にオスグッド  はこのように説明されます。

〝原因〟

筋肉系

筋肉の疲労 筋力低下 柔軟性の欠如 急激な体重増加 など。

 

フォーム

ジャンプや着地時に膝が爪先よりも前に出て膝のを曲げる角度が深い

 

その他

成長スピード、栄養不足、外部環境(地面が硬い、靴が合わないなど)

 

〝症状〟

痛み

膝のお皿の下の硬い骨のところに、圧痛(押した痛み)腫れ、熱感がある

運動痛

ランニング、ダッシュ、ジャンプ、着地、ターン、キックなど、膝を曲げ伸ばししたときに痛くなる

 

柔軟性

大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)が張っていて、ストレッチをしたときお尻が上がってしまう。左右差に注意する。

☞☞☞☞☞☞☞☞☞☞

 

〝痛みの程度による分類〟

1度  運動終了時に痛む

2度  運動開始時・終了時に痛む

3度  2度に加えて運動中も痛みがあり運動に支障がでる

4度  痛みが強く、運動は不能。日常生活(階段や椅子から立ち上がるなど)にも支障が出ている

 

〝治療法〟

運動時に軽い痛みがあるだけ(1度や2度)であれば、すぐに運動を休止する必要はありませんが、極力安静にしましょう。

ただ安静にしていても、運動を再開すると再発しやすいので、日頃のケアや練習環境の見直しが必要。

セルフケア(ストレッチ、アイシング、マッサージ)を普段より多く取り入れる。

 

 

もしくは近くの治療院に相談してみると、適切な方法を教えていただけると思います。

 

困った方は当院でも相談を受け付けております!

当院で行っている、オスグッド専門の施術はこちら♪

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/todasp0knee