ただ寝るだけ⁉︎背中の柔軟性を作るセルフケア


戸田スポーツ接骨院の冨永です!

今日は背中の硬さをやわらげる為にできる簡単な体操?をお伝えします。

 

体操と言うよりは、ただ「2分」寝るだけなので、体操でもないですね。笑

 

背骨に付着している姿勢維持筋と呼ばれる筋肉はデスクワークや姿勢の悪い状態で硬くなりますが、普段ストレッチなどで背中の筋肉を伸ばしている方もいると思いますが、それでは伸びない筋肉なんです!

 

普段から姿勢の悪い人。

立ち姿勢が崩れている。デスクワークで背中が丸くなっている方。

これだけやるだけでもかなり改善できますので是非やっていきましょう♫

姿勢に関する記事も書いているので、まだ読んでいない方は是非こちらから。

 

あなたはまっすぐ立てますか?その②

正しい座り方ってどんな姿勢?

 

 

やり方です。

動画も併せてご覧になってください。

 

 

①背中に入れる枕になるものを入れる。

※バスタオルをグルグル丸めてもOK

②足を伸ばして座り、背中を丸めて楽に座り、みぞおちの後ろ側あたりに①の枕をいれてゆっくり寝ます。

 

③キツくない方はゆっくりバンザイをします

※元々肩に痛みがある人は注意してください

この時アゴを引くとより背中が伸びます

④この姿勢で2分だけ寝ます

注意して欲しいのは硬いものや高すぎるもの(スプレー缶やストレッチポールなど)は痛める原因になるので辞めましょう。

身長などにもよりますが、おおよそ高さが15センチくらいで沈むものが良いです!

 

是非、ご家族でもやってみてください!