健康な身体を作るには『食べ物』から

皆さんは食事についてどう考えていますか?

 

お子さんの身体づくりのために栄養ある料理を作っている方。

旦那様、奥様においしい料理を食べてもらいたい方。

自分の健康のために作られている方。

 

皆さんさまざまな考えを持ちながら料理を作られていると思います。

今回は、料理を作る時の材料となる野菜についてお話させていただきます。

 

普段スーパーで買う野菜…皆さんはどうやって選んでいますか?

私は以前まで大きくて鮮やかな色をしている野菜新鮮だと思っていました。

しかしこれは間違いだったんです。

無農薬・無肥料の農業をされている先生のセミナーに行かせて頂き、私は衝撃を受けました。

 

 

スーパーで売られている野菜って同じ大きさのものが多いと感じたことはないでしょうか?

実は…F1種という種を使っているからなんです。

F1種とは品種改良されているいるため、均一な野菜を作ることができ、

出荷用段ボールの箱にぴったりフィットします。

この種で作られている野菜は体にどんな影響を及ぼすかというと、

江戸時代にはほぼなかった病気…癌、アトピー、子供の鬱、PTSDなどに影響していると考えられています。

では、なぜそのような危険な種を使い、安全な種を使わないのか。

 

安全な種を使う場合、育った野菜から種を回収するときの時間やそのあとの管理が難しいので

その分農家さんの負担が大きくなります。

それを行なうと仕事が増える分、人手を増やす必要があるため、その分の野菜の値段も上がります。

お客さんが野菜を買うときの基準を考えた時に金額面は必ず関係してくると思います。

そうなると良い野菜を作りたくても購入者がいなくなってしまう為、

F1種で作られた野菜が今日もスーパーに並んでいます。

 

 

また、種だけでなく、家庭菜園をされたことがある方はお分かりだと思いますが、

野菜を作る時に肥料を入れますよね。

→なぜ肥料を入れるのかそれは野菜を大きくするためですよね。

ですが、その肥料が実は一番危険なものなんです!!

農薬は悪いイメージはあるけど、肥料もダメなの?そう思った方

私も教えて下さった先生に言われるまでそう思っていました。

 

肥料には窒素・リン酸・カリウムなどが含まれています。

この中でも窒素が一番多く含まれており、この窒素は硝酸という物質とくっつくため

硝酸性窒素と呼ばれ、この硝酸性窒素は野菜の栄養を壊して中に取り込まれていきます

この硝酸性窒素が含まれた野菜を離乳食に混ぜて赤ちゃんに食べさせ亡くなった例もでています。

それ程、肥料は危険なものなのです。

 

野菜がであるほど硝酸性窒素は高いと言われており、

今回の話で少しでも無農薬・無肥料の野菜について興味を持たれた方は、

最初は1つでもいいので、是非そういった無農薬・無肥料の野菜を購入し、健康な身体を作っていきましょう!!