頭痛、肩こり、めまいの原因は秋バテ?

埼玉・戸田の姿勢・猫背矯正院

戸田スポーツ接骨院の雨宮です。

 

 

今日は、この時期になりやすい「頭痛」「肩こり」「めまい」

原因についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

夏から秋に変わるときは要注意!!

 

今年の夏は特に暑く、埼玉県の熊谷では41℃と日本で最高気温を観測したほどでした。

夏バテになった方も多いかと思います。そんな暑さも和らいだと思ったら

今度は、まだ9月なのに11月上旬の気温になっています。

 

 

 

気温差がすごいですね!!

 

 

 

以前、夏の際にも気温差があると体の不調を起こしやすくなることを

お伝えしましたが、

 

 

 

夏バテは汗を書くことで、水分やミネラルなどの電解質が原因になったり

冷房の部屋と外の行き来が自律神経を乱し、食欲がなくなったり

睡眠不足になったり、胃腸機能の低下などがおきます。

このような状態が続くと慢性的な疲労になります。

 

 

 

 

しかし夏バテ以外にも、「秋バテ」というものがあります

 

 

秋バテは、夏から秋に変わる際の気温の変化で起きやすく

「頭痛」「めまい」「肩こり」

などの症状がカラダに出ます。

 

 

気温だけでなく気圧が原因?

 

気温の変化によって様々な体の不調をきたしますが、

気温差以外にも気圧が体の不調に影響を及ぼします。

 

 

今年は特に台風が強かったりと気圧の変化を

受けやすくなっていると思います。

 

 

気圧が下がると、血管が膨張して血圧が下がります。

 

 

 

経験ある方はあると思うのですが、標高が高くなる場所に行った際に

お菓子などの袋を持っていたりすると、袋が膨らむことがあった方は

いらっしゃるかと思います。

 

 

これは外の気圧が下がることによって袋の中の気圧が高くなり

空気を外に出そうとするため袋が膨らみます。

 

この現象が体でも起きているのです。

 

 

これが頭の近くで起きることによって「頭痛」が起きます。

 

 

 

 

耳の方では、気圧を感じるセンサーみたいなのが耳の内耳にあり

そこに自律神経が多くあるので気圧が下がると交感神経が刺激され

「めまい」が起きやすくなるのです。

 

 

肩こりは気温差で血管の膨張と収縮を繰り返すことによって

血液循環を悪くしてしまい「肩こり」を起こしてしまいます。

 

 

 

対策は?

 

体は気圧の変化に対応できる体になることがすごく重要です。

これには自律神経が関わってくるので、自律神経のバランスを

しっかり整えることで、気圧、気温の変化に対応できるカラダになります。

 

 

 

「頭痛」「めまい」「肩こり」は筋肉が固くなると起こりやすかったりもします。

気圧の変化などで血流が悪くなるので、関係する筋肉をほぐすとで改善していきます。

 

 

耳の上にある筋肉「側頭筋」というところを自分でほぐしてみましょう!!

 

 

この筋肉は頭の横左右についているのですが、耳の近くにあるのでここが

固くなったりすると、耳への影響も出たりします。

 

 

指4本で画像の矢印のように上下に軽く押しながら動かします。

 

 

今度は耳を持ち、円を描くようにひっぱりながら回します

 

 

このように側頭筋をほぐしましょう!!

ここがほぐれるだけでも頭痛やめまいが解消されるかもしれません!!

 

 

 

ここをほぐしたからと言って秋バテの症状が全て改善される訳ではないので

ご注意ください!!

 

 

頭痛やめまい、肩こりがひどい場合には専門医を受診しましょう。

 

 

当院でも、頭痛や肩こりに対しての治療をしています。

その際にも今日お伝えした筋肉をほぐしたりもします。

それ以外に姿勢から見て原因となるところを治療していきますので

何かお困りのことがありましたら、ご相談ください!!

 

 

 

TEL:048-452-4958

 

〒335-0021 埼玉県戸田市新曽904ハイム細井1F

■通常診療時間
月〜金:10:00~14:00, 16:00~21:00
※木曜日は午前休みで午後診療のみです。
土:9:00〜13:00, 14:00~17:00
■休診日
日、祝