カラダの不調は寒暖差が影響?

埼玉 戸田の姿勢・猫背矯正医院 戸田スポーツ接骨院の雨宮です。

 

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
 
 
 
まだまだ冷房が欠かせないですね。
そのため、外では暑く、中では寒いといった状況が
毎日になってしまっているかと思います。
 
 
 
そんな暑い寒いを繰り返す体は
不調になりやすい体になってしまっているので
 
 
 
今日は暑い寒いを繰り返す体は
どう影響を受けているのか
伝えて行きたいと思います。
 
 
 

寒暖差でおこるの身体の症状??

 
  • 肩こり、腰痛、頭痛
  • 手足の冷え
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 疲れやすい
  • 生理不順
  • むくみ

などなど様々な症状が出てしまいます。

 

 

私たちは暑くなると体内で熱を逃がそうとし、寒くなると熱をつくろうとします

 

 

しかし、クーラーが効いた部屋などにいると

外は暑いので毛細血管を広げようとしていますが

寒いため毛細血管を縮めようとします。

そのため双方のバランスが崩れ

体内の熱が出すぎてしまい

体を冷やしてしまうのです。

 

 

そうすると体内の血液循環が悪くなり

肩こりや腰痛などが起こりやすくなります。

 

 

もちろん血液の循環が悪いということは

手足の冷え、むくみにもなります。

 

 

冷房をつけて寝て起きた時に

足のだるさを感じたことはありませんか?

 

 

それは寝ている間は体を動かさないため、

血液循環が少ない状態です。

しかし、そこから冷房なとで体を冷やしてしまい

さらに血液循環を少なくしてしまうため

足に行った血液が戻らず足元に溜まってしまい

朝起きたらドッと疲れたようなダルさが

出てしまうのです。 

 

 

 

 寒暖差への対策は??

 

1,基礎体温をあげましょう!!!

今現在の体温を計り自分の体温を確かめてみて下さい!

36度以上ある人は基礎体温が高くいい状態です!

逆に35度台、34度台の人達は危険です!!

寒暖差で身体やられやすいのはもちろんなのですが、

免疫力が36度の人と比べて37%も低下しているので

風邪や病気にかかりやすく、治りにくい体になっています!

 

 

じゃぁ運動すればいいの?

っていうわけでもありません。その人にあった運動強度というものがあるので

例えば30分歩くのを目標にしても、30分歩くのも辛い方もいます。

30分無理して歩いていて怪我でもしてしまったら最悪ですよね?

なので、まずはすごく簡単なものから始めましょう!!

 

 

参考までにチューブを使ったトレーニングを教えます!

★振り子運動

チューブを足首に巻き骨盤幅に開きます。

 

 

そのまま体を一本の棒みたくし左右に揺らします。

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブを足首に巻き骨盤幅に開きます。

これを10往復を2セット行いましょう!

※注意点としてつま先は正面に向けましょう。

お尻を鍛えるトレーニングですのでお尻を意識してください。

お尻を鍛えてあげることにより、今ままで使ってなかった筋肉を使うようになるので、

そこからの代謝があがり体温も上がりやすくなります!

 

それ以外にもお尻の筋肉周りには血管や神経が豊富なので

この辺が固まったりしていると、血行が悪くなっているのでそ

こを改善してあげるのにも効果的です!!

 

チューブがない場合はストッキングなど伸び縮みする素材を

輪っか状にしてやっていみてください!!

 

 

2,入浴

暑いからと行って入るのをやめてしまうお風呂、

しかし湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります!

大切なのは毎日続けることです。

最近はシャワーで済ませる人も多いようですが、必ず湯船につかりましょう。

 

 

3,常温の水が、白湯を飲もう!

 

常温の水のは胃の負担を減らし、白湯の場合は内臓が温まって血流がよくなって代謝があがり、内蔵機能が向上します。