スポーツ時の脱水はケガにつながる?

猛暑日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?

熱中症や脱水などにはなっていないでしょうか?

 

 

今日はスポーツ時の脱水によってケガが多くなることをお伝えします。

 

脱水とは??

 

主に体の中の水分が減少した事が脱水と言われています。

体は約60%水分と言われているのですごく大切です。

 

脱水の中でもいくつかに分類されます。

・高張性脱水

・等張性脱水

・低張性脱水

などに分かれます。

 

 

スポーツ時に多い脱水は

「高張性脱水」です。

 

高張性脱水とは

体内の水分量が不足している状態で

運動中などの発汗によって水分を失われたときに起こります。

 

 

主な脱水の症状としては

喉が渇く

尿の量が減る

食欲がなくなる

皮膚や唇の乾燥

吐き気

頭痛

 

これらの症状がある場合脱水が進行していると言えます。

 

 

しかし、このような体の症状以外にも

筋肉に影響を与えてしまうのです。

 

脱水による筋肉への影響

 

体には約60%の水分がありますがそれらの役割は

血液として酸素や栄養素などを身体中に運ぶ

老廃物などを外に出す

体温調節

などの役割があります。

 

 

この役割が脱水により正常に働かなくなります。

 

そのためスポーツをすると脱水になり、血行が悪くなり、筋肉が酸素不足になる。

さらに老廃物や代謝産物が蓄積。

そうすると筋収縮・弛緩がうまくいかずに一部「筋硬結」になり、

そこが他の筋肉に引っ張られて違和感や痛みを感じます。

 

 

この状態で運動を続けていると

足がつる

肉離れを起こす

筋肉痛になる

など、パフォーマンスに影響が出てしまったり

怪我の原因にもなってしまいます。

 

対策は?

スポーツ時は水分補給をこまめに取る事が重要です。

 

 

それ以外に水分だけ摂取していても、塩分や電解質などの不足もあるのでスポーツ飲料塩分チャージどのタブレットを摂取する事が大事になっていきます。

 

子供や大人で、汗の量や水分量の差があるので

水分の補給などの目安量は個人差があるので

人よりも汗をかくなと思う方はその分水分などをしっかり取りましょう!!

 

 

逆に全然汗かかないっていう人も呼吸や尿から水分は失われているので極力水分摂取を心がけましょう。

 

 

まだまだ暑い日が続きますので

みなさんスポーツ時の体調には気をつけてください!!