体幹トレーニング KOBAトレで軸足の強化

埼玉 戸田で姿勢改善・体幹トレーニングを指導している 戸田スポーツ接骨院の藤井です。

 

今回も当院で取り入れている体幹トレーニング「KOBA式体幹バランストレーニング」のトレーニングを紹介していきます。

 

今回からはチューブ編になります!!

 

前回の記事はこちらをご覧ください。

http://todatominaga.jmtta.org/blog/2755/

 

 

チューブを使ったトレーニングは、主に軸足や体の軸を強化できる。軸や軸足が鍛えられると、当たり負けしないフィジカルの強さキックの精度シュート力アジリティーなどさまざまな能力の向上をはかることが可能です。それでは、実際にトレーニングをご紹介していきます。

 

 

トレーニング①

・T字後ろ脚伸ばし

目的:軸足の強化

トレーニングの流れ・方法

 

①チューブを足首に巻きます。腕を胸の前か横に広げて、どちらかの脚を後方に引きます。軸足の膝をやや曲げて上体を固定する。

②①の姿勢から上体を前傾させて、脚を浮かせます。頭からかかとまで一直線にします。3秒かけて作り・7秒かけてキープを1セットとします。

軸足の強化で下半身が安定する。また、ターンやストップ動作が向上します。

 

 

トレーニング②

・軸脚ステップ(2ステップ)

目的:体軸と軸足の強化とアジリティーの向上をします。

トレーニングの流れ・方法

 

①チューブを足首に巻きます。脚を骨盤の幅に開いてまっすぐに立ちます。

 

①の体勢から2ステップで、脚を横に振ってチューブを引っ張ります。この時、逆脚がおへその下に来るように意識します。この動きを逆の脚で行い、繰り返すします。5往復を1セットとします。

 

軸足の強化やアジリティーを高めます。

 

 

今回、紹介したトレーニングではストップ&ターンで相手を振り切る時に効果が出たり、細かいステップが踏めるようになりアジリティーが向上します。

 

次回もチューブトレーニングを紹介していきます。