姿勢改善で捻る動きが良くなりパフォーマンスUP!!

埼玉 戸田の姿勢・猫背矯正医院 戸田スポーツ接骨院の雨宮です。

 

ロシアワールドカップで盛り上がっていますが

皆さん夜遅くまで起きて睡眠不足になっていませんか?

睡眠不足は体にさまざまな影響を及ぼすので

気をつけてください!!!

 

 

さて、今回は姿勢とパフォーマンスについてお伝えしたいと思います。

 

 

最近さまざまさなスポーツ界で姿勢や猫背を指摘している

ニュースを目や耳にします!

 

あの日本を勝利に導いた大迫選手も猫背を改善したみたいです!!

https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806200000129.html

 

 

ではなぜ姿勢の悪さや猫背がパフォーマンスに影響するのか…

 

 

まず猫背などの姿勢はどういうものか見ていきましょう。

 

背中が丸まる姿勢

顔が前に出る姿勢

肩が前に出る姿勢

お尻が出る姿勢

と様々です。

 

その中でこれらがどのようにパフォーマンスを影響するのかを見ていきましょう!

 

 

まず今回は・・・

背中が丸まるとどう影響するかをお伝えします。

 

背中が丸まっていると身体を捻る動作がしづらくなります。

そうすると身体を捻る動作がある種目に対しては

パフォーマンスを低下させてしまいます。

 

 

例えば、

サッカーやバスケなどのターンでの切り返し

野球やゴルフのスイング動作

テニスや卓球でのラケットを振る動作

で、影響が出て来ます。

 

 

ターンが相手より遅かったり、スイングのしづらさがでたり、ボールを返す時に思ったように返せないなどのパフォーマンス低下が起きてしまいます。

 

 

パフォーマンス低下以外に怪我への影響も??

 

もちろんパフォーマンス以外にも怪我に対しての影響もでて来ます

背中が丸まった状態でプレーしていると

 

 

腰を動かすことが多くなってしまい腰に負担をかけてしまい腰痛引き起こしてしまいます。

それ以外にも上半身と下半身の連動がうまくいかないため

 

 

下半身に負担がかかってきてしまい、筋肉系のトラブル(肉離れなど)になってしまいます。

背中が丸まっていると先ほどのように様々な影響がでることがわかりました。

 

 

では、どうすればそれらを改善、予防できるのでしょうか!

 

 

パフォーマンス低下や怪我を改善、予防するには??

 

 

背中が丸まっていると胸椎という部分が硬くなりがちです。

なので、そこをしっかりと伸ばしたり、動きをつけてあげましょう!!

 

 

 胸椎回旋ストレッチ

 

☆これをやる前に前後屈をしてどのくらいできるかを確認してください。

☆同時に体のひねりも確認しておいてください。

 

今の☆の部分の動きが改善します!!

 

1.長い棒状の物を用意します。

2、それを写真のように持ちます。

 

3、そこから足を肩幅で立った状態で上半身を左右に10回以上ひねっていきます。

 

4、つぎは座った状態で行います。この時顔は正面にしたまま体をひねります。これも10回以上

 

5、最後にまた肩幅に足を開いて立ち顔を正面にした状態で体をひねります。同じく10回以上

 

※肩や腰が痛い方は注意しながら行ってください。

 

 

この体操をやることにより、胸椎部分がしっかり動くようになり、背中からも体をひねることができるようになります。

 

 

背中の固さが取れると体が捻りやすくなるほか

姿勢がよくなり、視野が広くなります!!

あとは呼吸などもしやすくなるため、しっかり体に酸素が回り疲れにくくなります!!

 

 

スポーツをやっている人達で猫背じゃない?と周りから言われる人や、もっとパフォーマンスを上げたいと思う人は是非やってみて下さい!!

 

親御さんのかたは息子さんや娘さんが猫背になっていないか注意してみてみてください!!

もし今回のような姿勢でしたら是非行ってみてください!!

 

 

しかし全部が全部猫背が悪い訳ではありません。

逆にいい時もあるので、使い分けられる身体が必要になってきます。

しかし最初からそんなことはできません、、、

 

 

なので一つ一つ改善していきましょう!!!

 

 

当院では姿勢矯正を子供から大人まで行っています!!!

 

今回のようにパフォーマンスを上げるために受けていただいても

効果が出ます!!

 

大人の方では肩こり腰痛の根本的な改善にもなります!!

 

ご興味があるかたはご連絡ください!!!