腰が痛い、脚がしびれるのは「脊柱管狭窄症」かも!?

埼玉・戸田の姿勢・猫背矯正院 戸田スポーツ接骨院の雨宮です。

 

今回は前回の続き!!

「脊柱管狭窄症」についてお話をして行きます!

 

 

前回のまだみていないと言う方はこちら↓

腰から足にかけての「シビれ」には様々な原因が…

 

 

脊柱管狭窄症って?

 

 

まず脊柱管とは背骨が一つづつ積み木のように並んでいて

その真ん中に脳から出ている脊髄というものを通すトンネルがあります。

これを「脊柱管」と言います。

このトンネル(脊柱管)が何らかの理由で狭くなってしまい

その中に通っている神経を圧迫してしまいシビレが出る

 

 

これが「脊柱管狭窄症」です。

 

 

50代頃から発症することが多いです。

加齢により骨や椎間板に変性が起きてきていたり(骨棘など)

筋力が弱くなり姿勢が乱れると脊柱管を圧迫してしまいます。

 

 

 

もちろん若い方でも姿勢が悪いとなりやすいです

腰の前弯が過度に曲がってしまうと脊柱管を狭くしてしまったり

他にも脊髄神経の通り道でもある椎間孔といところも狭くしてしまいし

しびれてきます。

 

 

どういう症状が出る?

 

・下肢、殿部、会陰部のシビレ

・下肢の筋力低下

・間欠跛行(かんけつ はこう)/歩行障害

・麻痺、感覚異常

・安静時には無症状ないし軽度の下肢神経症状

 

※間欠跛行は立っている時や歩いている時に脱力感が生じ歩くのが困難になるが

 少し休むと回復して歩行が可能になる。(神経原性間欠性跛行)

 

また間欠性跛行は鑑別が必要でバージャー病と言われる閉塞性動脈硬化症でもなるので注意が必要。

 

改善方法は?

 

姿勢の改善である程度改善されます!!

 

狭窄症は反り腰が強い方や、腰椎に負担がかかっている人に多いです。

そのため軽く前かがみになると楽になる傾向があります。

 

そうするとどんどん背中が丸まってまっすぐ立てず

姿勢を支えてくれる筋肉(体幹)が弱って行き猫背になるという悪循環!!

 

 

そうならないよう日々のケアが必要になります。

 

自宅でのケア

 

反り腰の改善や悪くなっている姿勢を改善できるのびのび体操!!

これは前回のブログで紹介させていただいているのでそちらを参考に!!

1,のびのび体操

 

2,呼吸法

呼吸法でお腹のインナーマッスルを鍛えて行きます!!

これは呼吸をすることによってお腹のコルセットの役割をしてくれている腹横筋を鍛えます。

 

 

そうすることで骨盤の位置が正しい位置に戻され

背骨の位置も正しくなって行きます!!

 

・鼻から大きく息を吸いお腹を膨らませます

・口から細長く息を吐きながらお腹をへっこませて行きます

・これを吸うのを3〜5秒吐くのを吐き切るまでをだいたい3〜5セット

 

たったこれだけです!!

最初は難しいかもしれませんが慣れてくるので

ゆっくり時間をかけて行いましょう!

 

ポイントとしてタオルを敷いた状態でやり

そのタオルが抜けないように押し付けて息をはいていきます。

 

今回は脊柱管狭窄症についてでしたが

今度は椎間板ヘルニアについてお話ししたいと思います。

 

まだまだ坐骨神経については続きます!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

TEL:048-452-4958

 

〒335-0021 埼玉県戸田市新曽904ハイム細井1F

■通常診療時間
月〜金:10:00~14:00, 16:00~21:00
※木曜日は午前休みで午後診療のみです。
土:9:00〜13:00, 14:00~17:00
■休診日
日、祝