子供の爪の切り方

こんにちは(#^.^#)

戸田スポーツ接骨院併設・埼玉巻き爪お助け本舗の足爪補正士・小野寺です。

 

 

今日は「子供の爪の切り方」のお話。

 

 

お子様をお持ちの方々、お子様の爪切りはどのようにしていますか?

接骨院に通われている小さな患者さんたちの爪を見ると、大半の子が深爪になっています。

白い部分を全部丸く切ってしまうのは深爪です。

見た目は清潔できれいですが、この様な切り方は危険です。

 

巻き爪になりやすく変形爪にもなりやすくなります。

 

 

上の写真は中学二年生の男の子ですが、小さいころから深爪を繰り返していて、足を使うスポーツをやっているのもあり、肉に爪が埋まっていく「陥入爪」になってしまいました。

まだ初期なので、早めの対応で元のきれいな爪になると思います。

 

 

 

 

産まれたばかりで巻き爪になっている赤ちゃんは、遺伝だと思いますので、爪の切り方に気を付けて、生活習慣で酷くならないようにする。

すでに深爪にしていて、まだ巻き爪になっていない場合は、今日から正しい爪の切り方にする。

 

 

上の図の一番左の様に、角を切り込まず残して、尖っていれば角を削る程度にしましょう。

これが理想の爪切りです。

 

小さなころから、正しい爪切りを習慣にしましょう。

 

 

足爪の事でお悩みがあればご相談ください。

巻き爪矯正カウンセリング無料です

詳しくはこちら ♪

 

 

ではまた(@^^)/~~~