爪の変形は放っておいたらダメですよ((+_+))

こんにちは(#^.^#)

 

埼玉巻き爪お助け本舗の足爪補正士・小野寺です

 

 

 

今日は「爪の変形は放っておいたらダメですよ」ってお話~

 

 

まず、どんな変形爪があるのか。

 

・肉に爪が刺さっていく巻き爪

・肉に爪が埋まったように見える陥入爪

・爪が厚くなっていく肥厚爪

・爪が上に反っていく匙状爪

・爪が鷲の爪のようになる鷲爪

 

などなど。

 

どれも遺伝性の物もありますが、ほとんどが後天性の物。

生活習慣ですね。

 

 

原因とされるのは、大半が合わない靴を履いていること。

 

キツ過ぎてもだめだし、緩すぎてもだめ。

サンダルやオープントゥパンプスも指先が出ていても、爪の付け根が締め付けられていたらダメです。

靴選びって難しいですね(*´Д`)

 

 

 

 

 

ところでなぜ「爪の変形は放っておいたらダメですよ」なのか。

 

 

 

なんと!!爪の変形を放っておくと、ひどい人は足を切断!!!ってこともあるのです。

 

爪の変形が進むと周りの皮膚を傷つけ化膿し、化膿が進んで壊死と言うことも。

 

恐いですね。

 

 

みなさんも爪の変形を見つけたら、早目の対処を !(^^)!

 

爪のことでお悩みなら、なんでもご相談ください。

詳しくはこちら ♪