スポーツを愛する皆さん!!  痛い巻き爪で悩んでいませんか?

こんにちは(#^.^#)

巻き爪ケア担当の巻き爪補正士・冨永裕美です。

 

 

今日は巻き爪とスポーツのお話をしたいと思います。

 

まず、足の爪は地味で存在も薄く普段気にするような部位ではないと思いますが、人間の歩行や足を使う動作にはとても重要です。

 

%e6%9c%ab%e7%af%80%e9%aa%a8%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

 

上の図の様につま先にある末節骨は、先端まではありません。

例えば、味噌おでんのこんにゃくの串が入っていない部分は、柔らかくプルプルしちゃっていますよね。

肉だけのフニャフニャの部分に爪が乗ることで、体重を支えられるほどの強度になるわけです。

身体に対してはかなり小さい足の指、特に親指は身体の体重を支えています。

 

爪に負担のかかる運動はとても多いです。

 

 ・サッカー

・野球

・バスケットボール

・バレーボール

・体操

・バドミントン

・テニス

・卓球

・陸上

・ダンス

・バレエ

などなど、他にもたくさんあると思います。

 

 

下の2つは院の患者さんの爪です

%e7%84%a1%e9%a1%8c

小学5年生 スポーツ 野球

激しい動きで靴に当たり続け、全ての爪が下伸びています。親指の向かって右側は特に。

dsc_0933-1

中学2年生 スポーツ サッカー

元々軽度の巻き爪で、ボールを蹴る時に痛みがあったために、深爪を繰り返し陥入爪になってしまいました。

 

 

私自身も、学生の頃に卓球をやっていたので、その頃にはかなり酷い巻き爪になっていました。

 

ひろみ術前

↑↑↑  これは巻き爪補正士になる前の私の爪です。

スマッシュを打つのに、思い切り踏み込む時に、かなり痛んでいました。

たまには出血もあったり(-_-;)

 

巻き爪や陥入爪は放っておけば、必ず酷くなります。

酷くなれば痛いだけでなく、化膿して壊死して切断という事もあります((+_+))

まぁ、それはかなりひどい例ですが(;’∀’)

 

そこまでいかなくても、やはり運動されている方々にとって巻き爪や陥入爪は、バランス力が落ちるので、当然パフォーマンスも落ちると思います。

 

同じ力を持っているとして、健康な爪の方と、巻き爪の方では、健康なの爪の方のほうがパフォーマンスは上です!!

なので、私としては、せっかく努力している皆さんが、爪のせいで力が発揮できないというのは、とっっっても!もったいないことだと思っています!!

 

 

スポーツマンのみなさん!!

 

あなたの持っている力をすべて発揮するためにも、健康な爪になりましょう(*^▽^*)

 

 

カウンセリングは無料です(^^♪

完全予約制ですので、まずはお気軽にお電話を♪

http://todatominaga.jmtta.org/

 

 

では、また (@^^)/~~~